平和活動の取り組み・イベント報告


●2018シンキングピースウォーク桜編in徳島中央公園を開催しました。


3月29日(木)、シンキングピースウォーク桜編in徳島中央公園を44名の参加で開催しました。
 
毎年なかなか桜の見頃に開催できなかった「桜編」。今年は満開の桜のもと徳島中央公園で開催しました。天候もよく多くの花見客が賑わう中、大人29人子供15人で公園内の城山周辺を約50分をかけてウォーキングしました。途中で平和について考える4つのポイントを巡り、ふだんあまり考えることのなかった平和について考えることができた参加者の方もいらっしゃいました。ウォーキングの後、笹原煌生くんと笹原千愛ちゃんが平和への思いを作文にして読んでくれました。
 
その後、お花見弁当をみんなで食べ、子供さんもシャボン玉などで遊んで楽しんでもらえて、有意義な時間が過ごせたと思います。
今回は歩く距離も程よくいい時期に開催できました。本当によかったと思います!

●キャンドルナイトを開催しました


12月3日(日)、平和委員会主催で初めてキャンドルナイトをコープ住吉で行いました。
参加者15名(大人6名、子ども9名)、スタッフも含めて20名で楽しい時間を過ごしました。
持参してもらったジャムなどの空瓶に飾り付けをし、最後に皆で絵柄に並べて灯そうという取り組みです。
   
   
皆さん飾り付けを終えた時点で、別室に移動して予定している絵になるように並べます。
   
そして並べ終え、部屋の灯りを消すと…
 
平和の文字とスマイルマークが浮かび上がり大きな歓声が…。
とても幻想的で綺麗でした。

その中で、笹原煌生くんと笹原千愛ちゃんが平和への思いを作文にして読んでくれました。
 
全員で記念撮影!!
 
 
このような何気ないひと時が、今が「平和」である証…。たまに集まって「平和」の有難さを実感するのも有意義な時間だと思います。
このような子どもたちの笑顔が「平和」の中でいつまでも続きますように…。
今後も平和委員会は、このような時間を大切に活動していきます。

●2017しこくピースアクションリレーin徳島が開催されました。

7月8日(土)、とくぎんトモニプラザ3階の大会議室で「子どもたちに平和な未来を」をスローガンに開催されました。大学生協や健康生協など他団体とも協力して153名の参加で開催しました。
会場では参加団体の「平和の短冊」「健康チェック」などブースの出展や「折鶴昇華体験」「防空壕体験」などの体験ブースが設置されました。
開会式では、多田実行委員長より、7月7日、国連において「核兵器禁止条約」が賛成多数で採択され、使用はもちろん威嚇としての使用の禁止も盛り込まれたという報告がありました。
 

広島市長と長崎市長からのメッセージが徳島大学生の藤岡さんと大西さんによって代読されました。

徳島大学の藤岡さんと大西さん

今年は、特別企画として、地域で活躍しているうたの広場「NKB」、音楽劇「バンドー少年物語」実行委員会の皆さんの音楽劇を披露していただき、終盤には第九の熱唱もあり会場は盛り上がりました。
   

開会式の後は毎年恒例のアピール行進に出発!!
 約100名で
アピール

しこくピースアクションリレーは、毎年四国の4県で取り組まれており、今年は香川から徳島-愛媛-高知へとリレーしていき、最終8/4の広島での終結式に各県の代表者が横断幕をつないでいきます。
閉会式では、次のピースアクションの実施県である愛媛県の代表者に横断幕が引き継がれました。
 

●2017シンキングピースウォーク桜編を開催しました。


4月4日(火)、シンキングピースウォーク桜編を、徳島市国府町にある阿波史跡公園で21名の参加で開催しました。
 
  昨年は天候の悪化により中止になった「桜編」。今年は国府町での開催の希望があり、桜の名所でもある阿波史跡公園で開催する事にしました。事前の下見をした時にも、地元の組合員さんがガイド役を引き受けてくれ、ピースウォーク当日もガイドをしてくれました。 参加者の質問にも応えてくれたりと大変お世話になりました。ここ最近ピースウォークの桜編も紅葉編も天候や見頃の時期を少しズラしてしまっていました。今回は4月4日に照準を合わせていましたが、またしても桜の見頃は全国的に遅れ気味…。本日4月4日が開花宣言でした。
 
という事で、桜満開の中でのウォーキングという訳にはいきませんでしたが、今回は晴天の中でウォーキングができて快適でした。
今回は、起伏のあるコースでしたが、参加者全員で目的の場所に登ったときに、花見団子ならぬ「花見ういろう」をいただきました。美味しかったです!!


●2016ヒロシマ平和の旅に行ってきました


8月5日(金)〜6日(土)、19名でヒロシマ平和の旅に行ってきました。
 
今年の5月にアメリカの現職大統領として初めてオバマ大統領が広島を訪れた事で世界的にも注目された広島平和記念式典となりました。
式典では、松井広島市長から「情熱をもって世界各国が連帯して核兵器の廃絶に向けて行動しよう」との力強い宣言があり、安倍総理大臣からは悲惨な経験を二度と繰り返さないために努力を絶え間なく積み重ねていくとの決意が語られました。
原爆が投下された午前8度15分には、平和の鐘やサイレンを鳴らして、原爆死没者に哀悼の意を表して1分間の黙とうを行いました。

初日は広島グリーンアリーナで「ピースアクションin広島」に参加しました。
   
2日目は平和記念公園で平和祈念式典に参加し、献花も行ってきました。その後は碑めぐりを行い、原爆資料館を見学しました。
   
碑めぐりは2グループに分かれて説明を受けながら平和公園の中を歩きました。

▲ページトップに戻る

-