カウンター


株式会社 ハートフルコープとくしま

障がい者雇用の促進・環境リサイクル活動の推進を目的とした、とくしま生協100%出資の子会社です。

株式会社 ステップアップコープとくしま
就労継続支援A型事業所として設立され、障がいのある方に働く場を提供し、一般就労ができる場として設立された、とくしま生協100%出資の子会社です。


TOPICS
 ハートフルコープとくしま&ステップアップコープとくしま
懇親会を開催しました。
2015年7月30日(木)
ハートフルコープとくしま・ステップアップコープとくしまの作業場がある物流センターと併設している板野支所が合同で避難訓練を行いました。
   
  災害を想定した「避難してください」の放送で訓練が始まり、ハートフル・ステッフアップの職員全員が非常袋を持って、屋外の避難場所へと駆け足で移動しました。
でも、出来ていない職員に対しては厳しい激が飛び、何回もやり直し指示が…。実際に災害が起こった時の事を考えて訓練の時から真剣モードです。ひとりの犠牲者も出したくないとの思いが伝わってきました。
ハートフルコープとくしま&ステップアップコープとくしま
懇親会を開催しました。
2015年6月19日(金)

両社の社員のご家族を招待しての懇親会を開催しました。
   
日頃の社員の奮闘を激励し、社員同士の親睦を深める良い機会となりました。各社員からは、今後の抱負なども語られ、目標もしっかりと発表していました。
そして余興のカラオケでは、全員でステージに立ち盛り上がりました〜!!
親御さんからは、日頃家庭では見せないような良い表情をしていて、子どもの成長を感じるとのコメントもいただきました。

ハートフルコープとくしま&ステップアップコープとくしま
合同入社式
 2015.3.13(金)
 2015年3月13日(金)に、ハートフルコープとくしまとステップアップコープとくしまの合同入社式とレセプションが開催されました。来賓のご挨拶では、社員となって給料をもらうという事に伴い、責任感が生まれる事を入社する2名に対してお話いただきました。そして先輩社員からも激励の言葉をかけてもらいました。
   
 ▲先輩社員からの激励  ▲新しく入社する2名の挨拶

 
   ハートフルコープとくしまの職員2名が日本代表として出場しました。
写真左…前田憲二さん
写真右…吉ア崇さん
 2013年2月4日、韓国北東部の平昌で開催された知的障害者の世界的なスポーツの祭典「スペシャルオリンピックス冬季世界大会」で
日本チームが金メダルを獲得しました!!
この日本チーム代表に、徳島県から4名(内ハートフルとくしま職員2名)が出場して活躍してきました。

写真アルバムはコチラから 
→ フロアホッケーで金!!
 
開所式・入社式 
ハートフルコープとくしま
2012年6月4日より稼働しました。
これまでとくしま生協で短時間雇用していた障がい者3名に加えて、ハローワークを通じて新たに10名の障がい者を雇用しました。

ステッフアップコープとくしま
2014年4月1日より稼働しました。
11名の社員でスタートし、ステップアツプコープとくしまから給与が支払われています。30時間勤務できる社員は社会保険・健康保険に加入することができます。

入社式では、阿部理事長の激励を受けた後、採用された社員の皆さんから力強い決意が述べられました。

施設は板野町のとくしま生協物流センター内に開設
とくしま生協物流センター内に事務所及び作業施設を設置しています。
ハートフルコープとくしまの作業施設は大きく2か所に分かれていて、ひとつは紙などを圧縮・梱包する大きな圧縮機が設置されている作業場。もうひとつはペットボトルや空き缶を圧縮・梱包する作業場になっています。
 
 @大きな粉砕機・圧縮機がある作業場  A紙以外のリサイクルのための作業場
   
リプレやダンボールを、圧縮してワイヤーで
くくり付ける作業を行う施設。
ペットボトルのキャップや空き缶・牛乳パックなど
紙以外のリサイクルのための作業施設。

主な事業内容・作業工程

宅配事業での商品案内書や卵パック、店舗での空き缶・ペットボトルをリサイクルします。

圧縮・梱包 大切に保管 作業の大半は人の手で
1台180Kgのカゴ車が40台程度各事業所から送られてきます。毎日リプレだけで約6トンになります。 一定の重量になってからの回収になるため、回収されるまで、きれいに整頓されて保管されます。 毎日集められてくるダンボールをはじめ、空き缶・ペットボトルなど、不備がないかの確認など人に手によって行います。

 「ハートフルコープとくしま」の作業
 
牛乳パックは一枚一枚丁寧にを確認して不備がないことを確認してから箱に詰めていきます。   店舗から集められた空き缶は機械で圧縮して塊にしておきます。洗濯機で空き缶を洗浄して分別してから圧縮作業になりますが、圧縮するまでが大変です。

 
 店舗から回収されたペットボトルも洗浄・圧縮され固められます。これも同じように、洗っていないものや色付きのものが混在していると、作業が大変になります。
洗っていない空き缶があるため、かなりの臭いが立ち込める作業になります。 
 
 各事業所から集められた資源ゴミは、カゴ車のまま、この重さを量る装置に乗せます。
量ったものは、どの事業所からどれくらいの量が回収されたのか記録として蓄積されていきます。
  ステップアップコープとくしまの作業
 
コンテナ 蓄冷剤洗浄
   
 @コンテナを機械に通します @専用の洗浄機にかけます
 
 A洗浄後脱水機にかけます A洗浄後ケースに並べます
配送に使うケースのシールのはがし後などを綺麗にします 
   
機械で洗浄後、ひとつずつ分解して綺麗にします。
1日に約40個を洗浄し、落としきれない汚れやシールなどは手作業で取り除いていきます。 
 ステップアップコープとくしまの作業内容はとくしま生協の機関紙「阿波展望」でも掲載されていますので、ぜひご覧ください。
→閲覧はコチラから


現在、様々な視察や見学を行っています。
見学を希望される方は一度ご連絡してください。

組合員の皆さまへお願い
人の力ではどうにもならない作業こそ機械で行っていますが、
大半の作業は手作業によるものです。
組合員ひとりひとりがルールを守るだけで、これらの作業は格段に違うものになります。
ぜひ協力をお願いします。


組合員の皆さんにご協力を呼びかけています。

 〒779-0119 徳島県板野郡板野町西中富字壱丁開65-2 とくしま生協物流センター内
株式会社ハートフルコープとくしま :088-672-3260